Spring Equinox 2015 / 2015年春分

The last time I posted something regarding seasonal Solar events was on the Winter Solstice last December. The Solstice, which has the least amount of daylight hours of any day in the whole year, marks the annual nadir of darkness, but also signifies the rebirth of light, as the days start getting longer immediately afterwards. As the Sun symbolizes our Higher Self, the symbolism for us as individuals is that from the depth of darkness and ignorance, our spiritual flame, though small at first, can and will regain its strength, culminating in the attainment of Self Realization, the fulfillment of this human birth.季節的な太陽の行事について先回お話したのは、昨年の12月の冬至の時でした。冬至は、一年を通じて、どの日よりも日照時間が短い日で、真っ暗闇を示しています。けれども同時にそれは、その直後から徐々に日が長くなっていくことから、光の再生を象徴しています。太陽はわたしたちの高次の自己を象徴しているので、個人としてのわたしたちにとって冬至は、無知と深い暗闇からわたしたちの精神の炎が、最初は小さくとも強さを取り戻し、さらに強くなっていき、人間として生を受けた今世の成就としての悟りへと輝いていくことの象徴です。

diya

In today’s post, I will share some photos (amongst others) of the sunrise on the Spring Equinox here in MA Center Chicago.ご紹介したい多くの写真の中から、今日は、MAセンターシカゴの春分の日の出の写真を数枚共有させていただきます。アルバム全体はこちらから。The full slideshow is here.

The significance of the Spring Equinox is that it marks the point each year after which the day becomes longer than the night — light becomes more prevalent than darkness. Light is not only one of the most common symbols of Consciousness and spiritual awakening, but on the physical level it is the ultimate determining factor of all life on this planet.春分の重要性は、その瞬間以降、日照時間が夜の時間よりも長くなっていくことにあります。光が闇よりも広がっていくのです。光は究極の意識と精神の目覚めのシンボルとして知られていますが、それだけでなく、光は肉体のレベルでもこの地球の全ての生き物が生きるために根本的に重要な要素です。

3365145569_03ece8a947

Therefore, the Spring equinox represents new light and life, new beginnings, and the seeds of the harvest to come. Perhaps this is why so many ancient cultures  were very in touch with these cycles and even built sacred structures that aligned with these sun cycles.そんなわけで、春分は新たな光と命、新たな始まり、そして実を結ぶタネを表します。だから、古代の文化の多くが太陽の周期に関心を示し、太陽の周期と合致する聖なる建造物をも構築したのでしょう。

There are many very ancient spiritual sites aligned with the sunrise on the Spring Equinox: the megalithic temple Mnajdra in Malta (3600 BCE); Loughcrew in Ireland (3500+ BCE); Stonehenge, England (3000 BCE); the Sphinx of the Great Pyramids (2500+BCE); ancient Guatemalan temple of Tikal (4th century BCE); the main pyramid in Chichen Itza, Mexico (750 AD); Angkor Wat temple in Cambodia (1150 AD).春分の日に日の出の光が、一直線に差し込む古代のスピリチュアルな場所は、数多くあります。マルタの巨石神殿群ジュガンティーヤ神殿(紀元前3600年)、アイルランドのロッククルー墳墓(紀元前3500年+)、イギリスのストーンヘンジ(紀元前3000年)、ピラミッドのスフィンクス(紀元前2500年+)、グアテマラのティカル(紀元前4世紀)、メキシコのチチェン・イッツァのピラミッド(紀元750年)カンボジアのアンコール・ワット寺院(紀元1150年)などがその例です。

mnajdra-equinox-sunrise(Mnajdra temple in Malta)(マルタのジュガンティーヤ神殿)

Even today, many cultures celebrate the New Year in the spring. It is a time of balance, harmony, renewal, and growth sprouting enthusiastically, like the seeds sprouting from the soil.今日でも多くの文化圏では春に新年を祝います。春は、バランス、調和、再生、そして土の中の種が芽を出すように萌出る成長の時です。

The spring equinox also symbolizes a balance between all forces in life, and the opposite of the Autumnal Equinox — the immanence of Creation. In fact, the main theme of this season is creation. The sunrise on this day seemed to convey that instinctual need to grow upwards towards our true Self, like a seed pushing forth out of the earth towards the sun.春分はまた、生命の外に向かって伸びゆくすべての力の調和を象徴しています。対極は秋分―創造の力は内に向かい、内在します。実際、この時期の主なテーマは創造です。この日の日の出は、太陽に向かって地中から種が芽を出すように、究極の自己の高みに成長しようとする本能的な要求を伝えているかのようでした。

Now the creative powers that lay dormant throughout the winter begin to manifest themselves, initiating a time of great creative expression. The 19th century Native American elder, Sitting Bull, captured this feeling when he wrote: Behold, my friends, the spring is come; the earth has gladly received the embraces of the sun, and we shall soon see the results of their love!冬の間中眠っていた創造の力が、今や姿を現し、表現し始めるのです。19世紀、ネイティブアメリカンの長老、シッティング・ブルは、この感覚をとらえてこのように書きました。「見よ、友よ、春が来た。大地は喜んで太陽の抱擁を受け、我々はすぐに彼らの愛の結果を目にすることになる!」と。

Truly, we can all experience the selfless love of Mother Nature at this time of year, and this feeling has also been expressed allegorically in the Viveka Chudamani (v39), where the great sage Adi Shankaracharya writes about Mahatmas: There are Great Saints, with calm and noble minds, and like the spring season, everything they do is for the welfare of the world. Having crossed the dreadful ocean of transmigration, themselves, they also take others across, without any motive. These words so perfectly remind us all of Amma, who embodies the love, selflessness, patience and humility of Mother Nature.実に一年のこの時期、私たちは皆、母なる大自然の無私の愛を経験することができます。そして、この感覚は、偉大な聖者アディ・シャンカラチャーリヤがヴィヴェーカ・チューダマニ(詩句39)の中でマハートマについて比喩的にこう書いています。「偉大な聖者たちがいる。穏やかで高尚な心を持ち、春の季節のように、なすことすべてが世の中の幸福の為である。彼ら自身荒れ狂う輪廻の大海を渡り切り、何も求めず他の者たちをも共に渡らせようとしている。」これを読むと、私たちは皆ぴったり当てはまっているアンマのことを思い出すでしょう。母なる大自然の愛と無私と忍耐と謙虚さの体現であるアンマのことを。

The words of famous poet Henry Wadsworth Longfellow seem an apt conclusion to this post: Ah, how wonderful is the advent of the Spring!—the great annual miracle…. which no force can stay, no violence restrain, like love, that wins its way and cannot be withstood by any human power, because itself is divine power. If Spring came but once in a century, instead of once a year, or burst forth with the sound of an earthquake, and not in silence, what wonder and expectation would there be in all hearts to behold the miraculous change!有名な詩人ヘンリー・ワーズワース・ロングフェローの言葉がこの記事の締めくくりにふさわしそうです。「ああ、春の訪れはなんとすばらしいのだろう!どんな力でもあらがえず、どんな脅しでも止められない、我が道を開き進む愛のような…年に一度の偉大な奇跡だ。人の力であらがえるものではない。なぜならば、春それ自身が神聖な力であるから。もし、春が年に一度でなく、100年に一度しか来なかったならば、あるいは、静寂と共にではなく、地震の音と共に、急に訪れるならば、その奇跡的な変化を見つめるすべての人々の心にどれほどの驚きと期待が生じることだろう!

3 thoughts on “Spring Equinox 2015 / 2015年春分

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s