MACC Commomorates One Year of Amma’s Kitchen at “Hesed House”/MAセンターシカゴのアンマズキッチン ”ヘセッドハウス”奉仕1周年

IMG_0093

MA Center Chicago is commemorating one year of Amma’s Kitchen.  Last September, as a way to celebrate Amma’s 60th birthday with the gift of service, we cooked for Hesed House, a local homeless shelter.  The response to the cooking and serving was so positive that they requested that we sign up to cook regularly.  Now we prepare and serve on the first Sunday of every month.MAセンターシカゴにて、アンマズキッチンが1周年を迎えました。昨年の9月、アンマの60歳のお誕生日に奉仕の贈り物をしてお祝いしようと、わたしたちは、地元のホームレスシェルターであるヘセッドハウスの人たちのために料理をしました。料理してお出ししたところ、反応がとてもよく、定期的に料理する活動に加わってほしいとリクエストされました。それで今は毎月第一日曜日に料理を作って食べてもらっています。

“The first time we cooked,” Meethali, one of the organizers recalls, “It was hard to conceive of how to cook for a hundred people, but after the first time, it became much easier.”  One of the early comments from those we served was “Rice! We never get rice!”  Now we prepare rice each month with a variety of different vegetarian foods.  In the first few months, some of the young people teased, “We want meatballs!”  But Meethali says that now when we arrive, the response is excited, “Oh, it’s you!  Wonderful!  We get GOOD food!”  Sangita, another coordinator says that at first, people would request huge portions filling their plates with more than they could eat the first time through the serving line.  Once they realized there would be enough for seconds, thirds or even fourths, they began to take only what they needed and initial portion sizes reduced as well as waste.  She also says that as we get to know them and what foods they like, they are getting to know us and are sharing their personal stories.  This makes us feel even more inclined to make sure they get better quality food.  We have introduced foods that many have never tasted before, but we encourage them to taste them with a simple change of a name.  Rajma becomes “Indian chili” and papadams become “Indian chips.”  They are enjoying these new foods.  The host of the shelter welcomes us with Indian words such as “Namaste” and writes words of appreciation on the white board to welcome us.「初めて料理をした時は、100人もの人の分をどうやって料理すればいいのか思いつかないほどでした」とオーガナイザーの一人、メーサリが振り返ります。「でも、一度やってみたら、その後はずっと易しくなったんです。」料理を受け取った人たちの初期のコメントの一つが、「米だ!米は初めてだ。」でした。今わたしたちは毎月お米に色々な種類の野菜料理を添えて提供しています。最初の数か月は、若い人たちから「ミートボールが食べたいよ」とねだられました。でも、メーサリが言うには、今やわたしたちが到着すると、「わ~、君たちか。やった~。“いい”ものが食べられるぞ。」とワクワクした反応が返ってくるようになっています。ほかのコーディネータのサンギータの話では、最初は、列に並ぶと自分が食べきれない程にお皿に山盛りのせてほしいとリクエストして人たちも、おかわりが2度でも3度でも4度でもできるほど用意されていることがわかると、自分に必要な分だけを取るようになり、最初に取る分量が減っただけでなく、廃棄する量も減ってきたそうです。また、彼らがどんな食べ物が好きかわかってくるにつれ、彼らもわたしたちのことをわかってくれるようになり、個人的な話もしてくれるようになってきたそうです。このことからわたしたちは一層より質のよい食べ物を提供して行こうという気持ちになってきました。わたしたちは彼らの多くが今まで食べたことがないであろう食べ物も提供しています。でも食べてもらうのに抵抗がないように名前をちょっと変えたりしています。例えば、ラジャマは、「インドチリ」、パパダムは「インドチップス」という具合に。彼らはこれらの新しい食べ物も楽しんでくれています。シェルターの主人もわたしたちをインドの言葉で「ナマステ」と言って迎え入れてくれたり、感謝の言葉をホワイトボードに書いて歓迎してくれたりしています。

By Amma’s grace, each week we have the right number of MACC folks to help. We need about 7-8 to cook and about the same to serve.  A few additional people have shown up to clean the MACC kitchen after the servers leave to take the food to the shelter 20 minutes away.  Sangita says that at first they worried that there might not be enough to purchase the food but so far, we have never been short of donations and sevites. Meethali says that even when people said they would come but then didn’t show up, others came in their place unannounced.  They have always been able to get the job done.アンマの恩寵により、MAセンターシカゴには毎回ちょうどいい人数の人が手伝いに来てくれています。料理をするのに7、8人。サーブするのに同じくらいの人数が必要です。さらに数人がMAセンターシカゴのキッチンに来てくれて、20分ほどの距離のシェルターへと食事担当が出発した後のキッチンを掃除してくれています。サンギータは、最初十分な食料を購入できるだろうかと心配したそうですが、これまでのところ、寄付もボランティアも不足したことはありません。メーサリ曰く、来ると言っていた人が来られなくなってしまっても、来る予定に入っていなかった別の人が来てくれて補えたりしているとのこと。そしていつも何とか仕事をこなせてきているとのことです。

Each time we visit, we say a little something about who Amma is and why we choose to come help them, then we say our blessing over the food.  This last month, a story was told about Amma’s childhood.  While she was going from house to house to collect scraps for the cows, Amma noticed that some families had a lot, some had just enough and some had nothing at all to eat.  She began to take food from her family’s house and fed the poor, sick and elderly by her own hand.  Then we said that it is by Her inspiration that we are here sharing food with you today.  The story was received so warmly about Amma’s compassion that the group clapped and nodded.  The people who frequent the shelter have developed some interest in learning more about Amma, our inspiration on the path of love and service.わたしたちは、シェルターを訪問するたびに、アンマについて、また、なぜわたしたちが彼らの支援に来るようになったかについて少し話をし、それから食前の祈りをします。先月はアンマの子どもの頃について話しました。アンマが牛にやるために野菜くずなどを集めて家々を回っている時に、ゆとりのある家もあり、ちょうどの生活をしている家もあり、食べるものが何もない家もありました。

アンマは自分の家族の家から食べ物を持っていって、貧しい人たちや病気の人たちやお年寄りたちに自分の手で食べさせてあげました。そしてわたしたちはアンマの感化を受けて、今日皆さんに食べ物を分けさせていただいているのですよ、と伝えました。アンマの慈愛についての話は温かく受け入れられて、聞いていた人たちは拍手をし、うなずきました。シェルターに頻繁に来ている人たちは、わたしたちを愛と奉仕の道へと感化してくれたアンマについて、もっと知りたいと興味を育み始めているようです。

One thought on “MACC Commomorates One Year of Amma’s Kitchen at “Hesed House”/MAセンターシカゴのアンマズキッチン ”ヘセッドハウス”奉仕1周年

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s