Tree Removal Project 樹木伐採プロジェクト

In the 1990s, an invasive insect species called the Emerald Ash Borer was accidentally introduced into the US, but was only detected in 2002. It spread to 14 states and adjacent parts of Canada, destroying 50 to 100 million ash trees so far. About 30 of those trees were located inside of MA Center Chicago, and died even before we acquired this facility.

1990年代、エメラルドアッシュボウラー(アオナガタマム)と呼ばれる植物の師部を食べる侵襲性の昆虫が、誤ってアメリカに持ち込まれてしまい、2002年まで見つからずに繁殖してしまいました。そして14もの州とカナダに隣接した地域に広がってしまい、これまでに5000万本から1億本のトネリコの樹木を駄目にしてしまいました。MAセンターシカゴの土地にも被害を受けたトネリコの樹木が30本ほどあり、それらの樹木は、ここがMAセンターになる前からすでに枯れてしまっていました。

Since Amma came here in July, we have been planning to remove the dead ash trees, and finally found the opportunity to do so in late March. The full slideshow of the project is here, and videos follow below.

アンマが7月にMAセンターシカゴにおいでになって以来、わたしたちはここの枯れてしまったトネリコの樹木を伐採しようとずっと計画してきました。そして3月下旬にやっと計画を実行することができました。伐採プロジェクトの写真全部のスライドショーはこちらをクリックしてください。動画は下に続きます。

 ビデオ1からビデオ7

Video 1

Video 2

Video 3

Video 4

Video 5

Video 6

Video 7

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s